第1章 再生するために現状を把握

  • 2017.08.28
NO IMAGE
第1章 再生するために現状を把握
166 Downloads

1.収支バランスの改善こそ急務
2.自社の債務償還年数を把握しましょう
債務償還年数の計算方法
金融機関から見た債務償還年数
3.銀行融資を断られた際に検討する資金調達方法
手形割引による資金調達
手形ジャンプによる資金調達
支払サイトを延長してもらう資金調達
前金をもらう資金調達
保証金を預かる資金調達
債権債務を相殺する資金調達
仕入資金立替払いによる資金調達
事業再生関連の制度融資による資金調達
クラウドファンディング
ビジネスローン
売掛金のファクタリングによる調達
ABL(売掛金・動産担保融資)による資金調達
社債(少人数私募債)発行による資金調達
増資による資金調達
4.黒字倒産とは(黒字でも資金が枯渇する)
支払い条件が変化すると資金繰りがどのように変化するのか
5.サービサーを使い、簿価から時価へ負債を圧縮
サービサーとは
サービサーの仕組み
サービサーには2種類の業務があります。
サービサーが回収できる債券
劇的に圧縮される負債
サービサーとの交渉のポイント
なぜ、負債を圧縮する事が出来るのか
銀行の自己資本比率規制
銀行の不良債権処理
金融機関にも都合の良いサービサー法
債権のバルクセール
6.財務諸表から事業を客観的に判断する
7.会社の実態を把握する
自社で簡単なデューデリジェンスを行う
8.財務諸表から会社の進むべき方向を決める
オフバランスとは

Size: 1.15 MB
Version: v2.0

カテゴリの最新記事